製品説明
仕様
アクセサリー
取扱説明書

Elcometer 3045ペルゾー・ケーニッヒ振り子式硬度試験機 - 販売終了

 販売終了の製品 - アフターサービスのみ

Elcometer 3045振り子式硬さ試験機は、ペルゾー振り子またはケーニッヒ振り子を用いて塗膜の硬さを測定する信頼性の高い試験機です。

Elcometer 3045ペルゾー・ケーニッヒ振り子式硬さ試験機には、高い再現性と繰り返し性を持つ測定を行うための優れた機能が多数備わっています。

赤外線による計測技術を採用したElcometer 3045は、ペルゾー振り子またはケーニッヒ振り子を使って、正確かつ一貫した測定値を得られる全自動式の硬さ試験機です。

振り子を所定の位置に掛けて試験片を置き、扉を閉じて開始ボタンを押すだけです。振り子が自動的に測定開始位置に移動して試料台が上がり、試験が始まります。

試験機の校正手順は完全に自動化されています。校正には、試験機に付属しているガラス板を使います。測定結果が指定した仕様の範囲に収まっていない場合は、試験機が自動的に調整されます。

Elcometer 3045振り子式硬さ試験機は、次の規格に適合しています。ASTM D 4366, BS 3900 E5, DIN 53157, ISO 1522, NF T30-016 。

安定した測定環境を確立できる頑丈でしっかりした設計。繰り返し性の高い一貫した測定結果が得られます。ElcoMaster®ソフトウェアに対応しているので、試験機に保存したデータをPCに転送して、分析や報告書作成用に使うことができます。

Elcometer 3045ペルゾー・ケーニッヒ振り子式硬さ試験機のご紹介

振り子が一定の振幅内で往復した時間を基に、塗膜の硬さを判定します。
ペルゾー振り子の場合は、振幅が12°から4°に減衰するのにかかった時間を、ケーニッヒ振り子の場合は6°から3°に減衰するのにかかった時間を測ります。塗膜が柔らかいほど減衰が大きい、つまり振幅が小さくなるのが速いので、振り子が往復する回数が少なくなります。
 

Elcometer 3045ペルゾー・ケーニッヒ振り子式硬さ試験機の特長

The Elcometer is a fully automated digital Pendulum Tester
  • 正確、高い再現性と繰り返し性
  • 防塵加工された頑丈な設計は安定した測定結果を保証
  • 試験片を置いて扉を閉じ、開始ボタンを押すだけの完全自動式
  • 多言語のメニューで簡単操作
  • バッチメモリに保存した試験結果をPCに転送してElcoMaster®ソフトウェアで分析
  • 風防ガラスの扉を開いて試験片を配置
  • 指定した振幅で正確に振り子を作動させるための自動校正機能
  • 2軸式水準器と脚の高さ調節ネジを使って試験機を水平に設置
  • 赤外線による振動の測定
  • 本体内部に調整用ガラス板と振り子を収納
 
 
 

 

Elcometer 3045ペルゾー・ケーニッヒ振り子式硬さ試験機を設定する

Elcometer 3045ペルゾー・ケーニッヒ振り子式硬さ試験機は、試験の開始から終了までが完全に自動化されています。人為的ミスとは無縁なので、他の試験機より再現性の高い結果が得られます。

試験片と振り子を所定の位置にセットしたら、扉を閉じて開始ボタンを押すだけで試験が始まります。

  • 試料台が、選択した振り子の支点まで持ち上がります。
  • 振り子が正しい開始点に動きます。
  • 振り子が自動的に振幅し始めます。所定の振幅に減衰するまで振り子が往復した回数が数えられ、バッチメモリに記録されます
  • 試験が終わったら、試料台と振り子が元の位置に戻り、次の試験(3回で1セット)の準備が整います。
 

Elcometer 3045ペルゾー・ケーニッヒ振り子式硬さ試験機で塗膜の硬さを測定する

アームスライド消耗プレートの寿命は測定15,000回、ピンリリースワイヤーはの寿命は測定4,000回です。ただし、どちらの部品も予備が試験機に付属しているので、必要に応じて、お客様ご自身で交換することができます。

さらに、これらの部品の点検と交換が必要になると、試験機のパネルにそのことを知らせるメッセージが表示されます。

 

ElcoMaster®で報告書をすばやく作成

収集したデータをどのように活用するかは、測定自体と同様、とても重要なことです。 報告書の作成にはかなりの時間がかかります。ElcoMaster®を使えばどこにいても短時間で専門的な報告書を作成でき、時間とコストが削減できます。

Elcometer 3045ペルゾー・ケーニッヒ振り子式硬さ試験機には、試験結果を保存するバッチメモリが内蔵されています。保存したデータをPCに転送して、ElcoMaster®ソフトウェアで分析することができます。

 

 

 

* Elcometer 3045振り子式硬度試験機には、製造上の欠陥のみを対象とした1年間の保証が付いています。www.elcometer.comで保証期間を2年間に延長することができます。

The Elcometer 3045 Konig & Persoz Pendulum Tester
Elcometer 3045 placing pendulumElcometer 3045 Pendulum Hardness Tester webpendulums Japanese

仕様

 

コード番号

 

説明

   

 

証明書

- Elcometer 3045ペルゾー・ケーニッヒ振り子式硬度試験機
振り子 ペルゾー振り子* ケーニッヒ振り子*     
コード番号 - -  
振り子の周期 1秒 ±0.01秒 1.4秒 ±0.02秒    
減衰の測定範囲 12° ~ 4° 6° ~ 3°    
ガラス板での減衰時間 430秒 ±15秒 250秒 ±10秒    
振り子が振幅する回数 430 ±15回 172 ~ 185回    
試験片の最大寸法

200 x 110 x 14mm
(7.85 x 4.33 x 0.55インチ) 

寸法

500 x 330 x 760mm
(19.7 x 13 x 29.9インチ) 
 

相対湿度(%RH)
動作範囲                                            

  使用環境の温度 5°C ~ 40°C
(41°F ~ 104°F)
 
試験機の重量 17kg (37.5ポンド)  
 内用品

 

Elcometer 3045ペルゾー・ケーニッヒ振り子式硬度試験機、調整用ガラス板、2軸式水準器、ガラス拭き20枚、清掃用布、ピンリリースワイヤー3本、アームスライド消耗プレート2枚、予備のヒューズ(315mA)、電源ケーブル(英国、欧州、米国用)、RS232ケーブル、ElcoMaster®ソフトウェア、検査証明書、取扱説明書。振り子は別途ご注文ください。

 

適合規格 :

 

ASTM D 4366, BS 3900 E5, DIN 53157, ISO 1522, NF T30-016

 

グレーの規格は、旧式ながらも業界によっては標準とみなされている規格です。

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り子が一定の振幅内で往復した時間を基に、塗膜の硬さを判定します。
ペルゾー振り子の場合は、振幅が12°から4°に減衰するのにかかった時間を、ケーニッヒ振り子の場合は6°から3°に減衰するのにかかった時間を測ります。塗膜が柔らかいほど減衰が大きい、つまり振幅が小さくなるのが速いので、振り子が往復する回数が少なくなります。

 

 

 

証明書

 

 

ペルゾー振り子

 

 コード番号 -

 

ステンレス製、重量500g(17.6オンス)、
支点となる2個の球の直径8mm(0.3インチ)

 

 

 

振り子の周期 :                 1秒 ±0.01秒

 

振幅の減衰 :                    12o 4o

ガラス板での減衰時間 :     430秒 ±15秒 

 
    

ケーニッヒ振り子

 

 コード番号 -

 

ステンレス製、重量200g(7.05オンス)、
支点となる2個の球の直径5mm(0.2インチ)

 

 

 

振り子の周期 :                     1.4秒 ±0.02秒


振幅の減衰 :                        6o3o

ガラス板での減衰時間 :         250秒 ±10秒 

  

  

 

検査証明書が標準で付属しています。                                 * 振り子は別途ご注文ください。   

 

アクセサリー

 

コード番号

 

 

説明

 

 

 

- Elcometer 3045 :調整用ガラス板  
- Elcometer 3045 :2軸式水準器  
- Elcometer 3045 :アームスライド消耗プレート、2枚入り  
- Elcometer 3045 :ピンリリースワイヤー、3本入り  
- Elcometer 3045 :ガラス拭き、20枚入り